マッサージによる頭痛の解消

血行不良による不快な症状には、顔色の悪さのように周囲に良い印象を与えない場合もありますが、頭痛や肩こりといった本人に苦痛を与える症状が現れる場合もあります。デスクワーク中心のお仕事をされている方の中には、肩こりからくる頭痛に悩まされている方が多いですが、こうした頭痛は、一定の姿勢を長時間にわたって続けることにより、首や背中の筋肉が血行不良をおこすことが原因となっています。軽く考えて放っておくと慢性化してしまう可能性もありますので、まめに対策をとって解消されることをお奨めします。

血行不良の慢性化を防ぐために、デスクワークの合間にできるマッサージをご紹介します。まず、両手の指先をたてた状態で、首の後ろに手のひらを沿わせます。その状態のまま上を向いてみてください。自然に指先に自然に力が入るので首の凝りが解消できます。この方法であれば、オフィスのデスクに座ったまま、目立たずに首の周りをマッサージできます。オフィスだけでなく、入浴中や入浴後の気持ちがリラックスした状態の時に行なうと、より血流の改善が期待できます。但し、凝っているからといって、力任せに押してしまうと、かえって凝りを悪化させてしまう場合もありますので、くれぐれもご注意ください。

マッサージによる顔色の改善

顔色の悪さやくすみは、血行不良から来ているものです。顔色の悪さは、女性はもとより男性であっても、不健康な印象を周囲に与えてしまうため、デメリットに繋がってしまうことが多いです。まず、顔色の悪さの原因がどこにあるか理解した上で、自分でも簡単にできるマッサージで改善をはかってみることをお奨めします。

一概に顔色が悪いといっても、原因は、顔色の具合によっても異なります。顔色が青白い場合は、血流が悪くなっていることが原因と考えられるので、顔の凝りをほぐす為のマッサージを行うとよいでしょう。また、顔色が土気色の場合は、老廃物の蓄積が原因と考えられますので、リンパの流れをよくする為のリンパマッサージを行うことをお奨めします。リンパの流れをよくし、老廃物を排除すると血流を改善することができます。

血流を良くするためのマッサージとしては、目の下を人差し指、中指、薬指の3本の指をつかって軽く叩く方法があります。目の下の皮膚はとても薄く敏感ですので、力を入れすぎないようにご注意ください。リンパの流れを良くするためのマッサージとしては、人差し指、中指、薬指の3本の指をつかい、額の真ん中からこめかみ、耳の下、首筋へ上から下へとマッサージする方法があります。顔色の悪さから周囲に与える印象を改善するためにも、顔のマッサージを習慣づけてみてはいかがでしょうか。

マッサージのためのリラックス効果

血行が悪くなってしまうと、疲れがとれない状態が長く続く、肌荒れによって化粧ののりが悪いといった不快な症状が現れてきます。こうした不快な症状は、血流の悪さにより全身の細胞に充分な酸素が送られていないために起きています。血行促進のためには、規則正しい生活をおくる、睡眠をたっぷりとる、栄養バランスの良い食事をとるといった体の内側から改善していく方法もありますが、体の外側から凝りをほぐすマッサージを頭に思い浮かべる方も多いと思われます。

マッサージを行うサロンの種類は多く、整体・カイロプラティック、リフレクソロジー、アロマトリートメント、タイ古式マッサージなど様々な種類があります。マッサージに通う理由としては、自分では行えない箇所のマッサージをしてもらえる事に次いで、自宅以外の場所でサービスを受ける事で得られるリラックス効果があげられています。リラックスすることは血行促進につながりますので、サロンでマッサージを受けることはとても効果的だといえます。ただし、サロンにどの程度の頻度で通っているかというと、半年に1回程度という方の割合が最も高くなっていますので、決して頻繁にサロンに通っている方が多いわけではないことが解ります。血行促進のために、サロンに通う以外にも自宅でのセルフマッサージを習慣づけてみてはいかがでしょうか。自宅であっても、照明を変えてみたりアロマオイルを炊いたりする事で、リラックス効果を高める工夫を凝らしてみてください