マッサージによる頭痛の解消

血行不良による不快な症状には、顔色の悪さのように周囲に良い印象を与えない場合もありますが、頭痛や肩こりといった本人に苦痛を与える症状が現れる場合もあります。デスクワーク中心のお仕事をされている方の中には、肩こりからくる頭痛に悩まされている方が多いですが、こうした頭痛は、一定の姿勢を長時間にわたって続けることにより、首や背中の筋肉が血行不良をおこすことが原因となっています。軽く考えて放っておくと慢性化してしまう可能性もありますので、まめに対策をとって解消されることをお奨めします。

血行不良の慢性化を防ぐために、デスクワークの合間にできるマッサージをご紹介します。まず、両手の指先をたてた状態で、首の後ろに手のひらを沿わせます。その状態のまま上を向いてみてください。自然に指先に自然に力が入るので首の凝りが解消できます。この方法であれば、オフィスのデスクに座ったまま、目立たずに首の周りをマッサージできます。オフィスだけでなく、入浴中や入浴後の気持ちがリラックスした状態の時に行なうと、より血流の改善が期待できます。但し、凝っているからといって、力任せに押してしまうと、かえって凝りを悪化させてしまう場合もありますので、くれぐれもご注意ください。