マッサージのためのリラックス効果

血行が悪くなってしまうと、疲れがとれない状態が長く続く、肌荒れによって化粧ののりが悪いといった不快な症状が現れてきます。こうした不快な症状は、血流の悪さにより全身の細胞に充分な酸素が送られていないために起きています。血行促進のためには、規則正しい生活をおくる、睡眠をたっぷりとる、栄養バランスの良い食事をとるといった体の内側から改善していく方法もありますが、体の外側から凝りをほぐすマッサージを頭に思い浮かべる方も多いと思われます。

マッサージを行うサロンの種類は多く、整体・カイロプラティック、リフレクソロジー、アロマトリートメント、タイ古式マッサージなど様々な種類があります。マッサージに通う理由としては、自分では行えない箇所のマッサージをしてもらえる事に次いで、自宅以外の場所でサービスを受ける事で得られるリラックス効果があげられています。リラックスすることは血行促進につながりますので、サロンでマッサージを受けることはとても効果的だといえます。ただし、サロンにどの程度の頻度で通っているかというと、半年に1回程度という方の割合が最も高くなっていますので、決して頻繁にサロンに通っている方が多いわけではないことが解ります。血行促進のために、サロンに通う以外にも自宅でのセルフマッサージを習慣づけてみてはいかがでしょうか。自宅であっても、照明を変えてみたりアロマオイルを炊いたりする事で、リラックス効果を高める工夫を凝らしてみてください。

★参考HP★
恵比寿・代官山・中目黒・五反田 メンズエステ 「Aromaly」