マッサージによる顔色の改善

顔色の悪さやくすみは、血行不良から来ているものです。顔色の悪さは、女性はもとより男性であっても、不健康な印象を周囲に与えてしまうため、デメリットに繋がってしまうことが多いです。まず、顔色の悪さの原因がどこにあるか理解した上で、自分でも簡単にできるマッサージで改善をはかってみることをお奨めします。

一概に顔色が悪いといっても、原因は、顔色の具合によっても異なります。顔色が青白い場合は、血流が悪くなっていることが原因と考えられるので、顔の凝りをほぐす為のマッサージを行うとよいでしょう。また、顔色が土気色の場合は、老廃物の蓄積が原因と考えられますので、リンパの流れをよくする為のリンパマッサージを行うことをお奨めします。リンパの流れをよくし、老廃物を排除すると血流を改善することができます。

血流を良くするためのマッサージとしては、目の下を人差し指、中指、薬指の3本の指をつかって軽く叩く方法があります。目の下の皮膚はとても薄く敏感ですので、力を入れすぎないようにご注意ください。リンパの流れを良くするためのマッサージとしては、人差し指、中指、薬指の3本の指をつかい、額の真ん中からこめかみ、耳の下、首筋へ上から下へとマッサージする方法があります。顔色の悪さから周囲に与える印象を改善するためにも、顔のマッサージを習慣づけてみてはいかがでしょうか。